2段ベッドを外して快適化

我が家は4人家族。ペットもいないので広く使わせてもらっているが、2段ベッドの上段はいつも棚の状態となり、マルチルームの影となる部分はいつもデッドスペースになっていた。積みやすくすればそのスペースも有効利用されるかと、工夫もしたが結果的には使いにくいものができあがり、いつも、心の中に不満足な結果に改善したい想いが強く残っていた。
いつもベッドの下段に寝ることが多いが、上との距離が少なくてなんだか表現は悪いが、穴蔵に入る印象もしくはお棺にでも入っている印象さえ受けることがあった。これをどうにか打開したい。
これが最初の状態です。この常設ベッドが売りのセレンゲティーでもあったのですが~~。最初は良かったのですが使っていくうちにだんだんとライフスタイルも変わってきます。
そんな折、ブロ友さんの翔太君のパパさんが、上段を取り払い見事に快適化を成し遂げたのを見て私も一気に火がつきました。両面テープとビスで固定されていた上段受けを取り払ってしまいました。手を出すまではちょっと勇気がいりますが、やり始めたらあとは度胸一発。取っただけでも、その魅力を感じずにはいられませんとりあえずの頭の方に棚を入れておき、あとでここは工夫したいと思います。
どんな方法が良いかと思案して、ひらめいたのがこれ!
すのこの跳ね上げ式です。
全くなくしてしまっては、荷物が増えたときに困ってしまうので、必要時はものを置くところとして使いたい。でも、圧迫感を出来るだけ少なくしたい。
それには、すのこで跳ね上げ式にするのが
得策とちゃっちゃと製作開始。
蝶番はこの場面ではドロップ蝶番でしょうと、トリマーを使って
彫り込んでいく
ばっちり決まって、すごくうれしい。
蝶番をかたどって、テンプレートを作ったら、あとはトップパターンビットを使って4ミリ彫り込みます
すのこに取り付けて、下ろしてみます。
動きもスムーズで実に気持ちが良い
木工を趣味にしていて良かったって思えた一瞬。
頭の部分は2段の棚を作ります。今となっては廃材と化した古いコンパネを使って作りました。
化粧はスーパーメイクアップシートを使い統一感を出します。これはすのこのストッパーです。
色々考えましたが、構造が単純なのが一番ですし、他の部分でも使っているのでおそろいです。
下げすぎて後ろのカメラに干渉しないように受けも付けております。
棚には音の問題と滑り止めの効果を狙って、床に敷いているものと同じ16ミリのジョイントマットを敷き込んでいる。
これが実に重宝してくれる素材で、きっちりと敷き込めば不安定感はなくなり、効果的に滑り止めの効果を出してくれる。
マットだけでは足りないので、左側の部分と2段の棚にも落下防止の前板を付けた。
これを付けた時点で、もうここにはねることは難しくなりました(まあ、寝ることはないと思いますが)
とりあえず、散らかっていたものを納めてみて、感覚をテスト。
良いみたいです。
ここには扉を付けることなども検討しましたが、ジャマになりそうなのでやめました。
このように仕上がりました!
実際にこのような状態になってから、車中泊に行って来ました。最高でした!
ちょっとしたデザインにもなって、家族からも広くなって良いね~~ッと良い感触をいただいてうれしい限り。
今はベッドに腰掛けても後頭部があたらないし、ここに二人並んで座れますから、重宝してます。
今回は1泊二日だったので、ここをあげたままの走行で十分でしたし、眠るときも気持ちよく、入っていけます。どんどんと原型がなくなっていく我が家のセレンゲティ。
「もう売れないね」という妻の言葉に、内心ぎくっとしましたが、どんどんと手をかけてあげたら、もったいなくて売る気持ちが出てこないから、まあ良いかと。
きれいなままに乗るのも一つだし、我が家みたいに我が家ベースに変えてしまうのも一つでしょう。
乗ることだけではなく、たくさんの楽しみをくれるキャンカーはやっぱり魅力的。
ミニバンじゃやっぱり物足りない・・・
今度は何しようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)