ベバストFFヒーターのエラー解除

あれっ、どうしたんだろ・・・FFヒーターが点火しない

この時期、当然のように北海道はエライ寒い。暖房のない中では凍死してしまいます。我が家にキャンピングカーが来て、一番に期待していたのはこれかも知れない。早速、スイッチオン!点火しない(*_*)あれっ、どうしたんだろ・・・。5回点滅の間に一回のゆっくりとした点滅。スタートの失敗らしい。
されば、取説に準じて2秒ほど明けて再度挑戦。またもや失敗。
ちょっとこれを数回やってみてけど。やっぱりダメ。
そうか・・・。キャンピングレンタサービスさんが話していた「排気口に雪や氷の付着がないか確認して下さい」という言葉を思い出し、確認。ついてました氷が・・・。たたいて、取り除き、よしっ!これでと・・・再度トライ。

今度はエラーが違う。点滅が12回。

そしてうんともすんとも言わなくなってしまった。モードの解除
今日は元旦。どうしようもなくて、レンタさんにお電話。スイマセン。聞いてみたら、5回点火失敗すると、キャッシュカードの暗証番号を3回間違うとアウトになると同じ状態になっているとのこと。

解除の方法を教えていただいた。

電源設備のキャビネットを開けてよく見ると、奥の方に青いヒューズが見える。
これを抜くと、クリアーされるとの由。

  1. まずエンジンをかけるか、100Vとつないだ状態で行う。
  2. ヒーターのスイッチを全開に入れた状態でこのヒューズを抜く。
  3. ヒーターのスイッチを切る
  4. ヒューズを入れて、再度ヒーターON

これで無事に点火しました!やった~~。良かった・・・。と喜んでいたら、

またまた、エラーが出て、今度は2回の点滅

そして消えてしまった。そのあとは、点火を失敗してしまって、つかない。とほほ・・・。またまた、レンタさんにお電話。
中の気温は9度。それでも断熱材が効いてるせいか、ジンジンと冷え込んでは来ない。結果は、何度と無く点火失敗を繰り返したために、すっかりとかぶってしまったようです。少し時間を空けて、燃料が気化して飛んで行くのを待ちましょう。そうすることで、かかるようになると思いますということでした。
さしあたり、今日のトライはもうやめて、明日にまたやってみようと思います。


今日の教訓「点火前には必ず排気口を確認すること。特に冬の時期」
説明書に準じてやらないとやっぱり初心者はキツイですね・・・。

吸気側がふさがれていました

翌日、説明書を見ると吸気側がさらに排気側の前にある事が今更ながらわかり、確認する。確かにあった(*_*)そしてその下には、昨夜までここをふさいでいたであろう雪の固まりが落ちていた。
そうだったのか・・・。吸気は室内からの自然吸気とばかり思っていた。
それからはすこぶる快調に運転してくれている(ホッ)
説明書はちゃんと読まないとイケナイですね。

2012.1.1Up

ベバストFFヒーターのエラー解除” に対して 2 件のコメントがあります

  1. aomori.n より:

    同じことがありました。
    私のはもっと単純で自宅のFFストーブ!
    耐震レバーを引いてなかっただけ。
    知ったかぶりの年寄の冷や水……説明書はよく読みましょう!

    1. Tanisan より:

      aomori.nさん 同じく北海道では、ストーブがつかないことは
      死活問題ですよねー
      あの時はマジ焦りました。

      キャンピングカーって、結構シビアで
      ゴネやすい装備もたくさんで、
      それが楽しみと言えばそうなんですが、
      それも時と場合によりますよねー

      今年一年ありがとうございました
      良いお年をお迎えください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)