フロントカーテンのその後

カーテンが到着し、今日着け終わりました。
先日の中山峠の際は間に合わなかったので仮止めだけで
札幌に向かいましたが車中泊を始め
車内で過ごす際には、フロントのカーテンは大活躍をしてくれました。
もう必須アイテムです♪
最後の仕上げは木工を少し駆使しての作業となりました
エンドの部分がハイエースの内装の曲線のために
簡単には処理が収まらない。
直接、タッピングビスでの固定は、カーテン部品との関係で
出来なかった。
それで助手席側にはこのような木製部品を作って処理運転席側にはこのような感じで固定をしました!
共にベルトサンダーでの削り出しをして曲線に合わせました。
バックミラーのあたりも回避して金具を前後反対にして
レールを若干室内側に持ってきました。
実際についた感じはこのような仕上がりとなりました。
色もダイネットと同じものにして統一感を持たせました
素人にしては大満足の結果となり
とてもうれしい~~

こちらの記事もどうぞ

  • マルチルームの寒さ対策その2マルチルームの寒さ対策その2 以前に作ったマルチルームの寒さ対策 ネオジウム磁石での固定だったので ヤッパリ弱いから、ちょっと改良。 ビス留めとした まずは支える木枠を作り、その部材に鬼目ナットを埋め込む。 木枠が出来たら、それを両面テープでベントに取り付ける あとはビス留めです これだと落下の心配も無く […]
  • 内装の張り替えがどんどん進んでいきます内装の張り替えがどんどん進んでいきます だんだん調子が乗ってきました。どんどん進めます。 一緒に張替作業の様子をのせておきます ここはサイドシートの下。どんどん解体?をしていきます。 見えて来る、単純な構造。でもそのくらいが軽量化には良いのでしょう。 リフォームが簡単であることがよくわかります。 扉の中には […]
  • 作業も大詰め。作業も大詰め。 作業も大詰め。そのせいか面積の大きいところが残って、一人で作業するのはちょっと大変になってきました。 マルチルームの扉。ここは一人で作業しました。大きかったのですが、扉を外すことが出来たので、工房に持ち込んでの作業となりました。 […]
  • エアコン搭載作業その2エアコン搭載作業その2 昨日の続きの作業をしていく。まずは、窓枠のコピー作りをしていく。 セレンゲティの窓枠の接合だと、テンションがかかった場合は耐えれそうにないので 少しでも頑丈にと単純ではあるけど、ほぞ組で仕上げた。まあ通常は枠自体にテンションがかかることはあり得ないのでヨシなのだが、今回はチ […]
  • ステップのフタを作るステップのフタを作る 数々のキャンカーさん達が既にしておりますが、ステップのフタを作ってみました。 実際に使ってみますと結構いいモンで、意外や意外でした。あまりごつくなるのも嫌なので、9ミリのラワンベニヤを使いました。セレンゲティはエントランスドアに収納がついているので、この部分を欠き取らなくては […]
  • キャンピングカー内テーブルを外に持ち出したキャンピングカー内テーブルを外に持ち出した 先日の豊平峡キャンプで大活躍してくれたテーブルなのですが なんとか、作っていた脚が間に合い、自分としても満足な結果となり よかった♪ 普段はキャンカーの中で鍋を楽しむときに登場する「自作の片バタテーブル」なんですが 今回は外に持ち出して使いました。 普段は […]

フロントカーテンのその後” に対して1件のコメントがあります。

  1. カーテンフックはA型にしたのですね~
    私もダイネットに合わせて注文しちゃいました^ ^
    フックはB型にしたので
    カーテンの色柄の方が車内側になると思います
    向きってどっちが正解なんでしょうかね~

  2. Tanisan より:

    どっちが表か裏か?
    私も悩みました。ダイネットは家と同じ感覚なのですが、フロントはフックが表から見えるので、柄を表にしました。
    レールにはシリコンスプレーを少しだけ吹き付けて、動きをスムーズにしてあげたら、なんだか高級感が出たような印象がありましたよ♪

  3. せんべいまゆ より:

    木工も活用してきれいにカーテンレールの取り付けができましたね。
    これで益々おでかけしたくなるでしょ(^^)

  4. Tanisan より:

    せんべいまゆさんこんにちは (^o^)/~~~
    見ていただきありがとうございます。木工も色々と役に立ってくれて、良かったです。
    まだまだやりたいことが沢山です。ちょっと出かけることが出来ないので、快適化で遊んでました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)