オスモの小出し

オスモのノーマルクリアーがなくなったので、いつもの
ツールズGRさんに注文した。
0.375Lにしようかと思ったけど、多い方のお得感につられて
0.75Lにした。
オスモは本当に塗料が食わないから、個人ユースだとなかなか無くならない。
使用期限もあるようだけど、食べるもんではないから、あまり気にせず使ってるけど
今までの使い方だと、ちょっとダメっぽい。
それでなんかいいもんないかと、100円ショップへ。
ウエスで塗っていくオスモで、直接「ちょんと」ウエスにつけて、余った塗料は
ちょっとだけ間の縁でしごいたりしていたんだけど
缶が汚れていく。
「そうだ小出しにして、専用のものを用意し

よう」と思いつき、買ってきました。
これです。
たこ焼きレードルと計量カップ。計量カップはオスモ塗装専用カップにします。
たこ焼きレードルで缶からくみ出して、計量カップに入れて塗装をする。
余った塗料はまた缶に綺麗に戻す。缶の縁で塗料をしごかない。
これだけもこのような汚い缶にはならなんでしょう
このレードル一杯でどれだけ塗れるかこと知れず。
ちょっとだけ先が長いので、金切り鋸で切って短くしました。
良い感じです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする