娘のローテーブル完成

製作過程を載せたかったが、娘は小さいときから自分の家具ができてくるのを
心待ちにしながらも、それを見たがらない。
サプライズがうれしいようで、そうなると、ブログにもアップできないなと
やっと設置が終わったので、載せてみました。
娘の希望は
1)引き出しをひとつにて、片方はサッと雑誌を入れれるようにして欲しい
2)天板にタイルを埋め込んで欲しい。
3)天板の模様がランダムだとウレしい
なかなか沢山の要望があって、どうしようかと思い悩んだけど
何とか要望は全部入れることができた。ほっ。
まずは天板
15ミリのMDFにタイルを埋め込み分のトリマーで彫り込みを作っていったが
何とも粉塵がすごくて大変だった
そして杉板を5ミリ厚にして、ランダムに貼っていく。この板は亡くなった父が
何かに使いなさいと取っておいてくれたものだった。これがこんなところで役に立つなんて思ってもいなかった。杉の木目が栄えるだろうと期待!
本体の組み立てを終えて、オスモでオイルフィニッシュ
ヤッパリ最高です。この塗料。ニスだのペイントなど使ってらんない。
出来上がって、娘のアパートに持って行きました
すごく喜んでくれて、いやぁ~~ウレしかったですね。
娘のアパートでもだんだん増えていく、Tanisanの手作り家具。
後ろに見えるテレビ台も健在でありがたや♪
今回もSeriaの部材に助けられて、引き出しもかわいくなりました。
思いの外かかったテーブル作り。疲れました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. katsu より:

    Tanisanこんにちは。
    テーブル、丁寧に作られましたね。
    天板の周りに貼り付けた板の留め加工もぴたりと決まっていて美しいです。
    お父様が残してくれた材も新たな命を吹き込まれて輝きましたね。
    娘さんは大喜びだったのではないでしょうか?
    奥にちらりと見えるテレビ台もいい感じですよ!
    雪も解けてようやく暖かくなってきたので、私も何か作りたくなってきました。

  2. Tanisan より:

    katuさんこんにちは (^o^)/~~~
    今回のテーブルはkatsuさんを見習って、ちゃんとカネダシを手押しを使って行って、直角とか水平とか、確認しながら作ってみました。
    そうなると時間もかかりましたが
    完成度に違いが出ました。
    いつもは、買ってきた材はある程度、精度は出てると目をつぶってやっていたのですが、一手間手を加えるだけで、満足のいくものができてウレしいです。
    娘からの評判も良くて
    作ってみて良かったって思います。
    春になりましたね。
    次の作品を何しようか思案中です。
    その時期がまた楽しいですね♪