初めてキャンピングカーを購入される方へ

車中泊地はどこでもいいというわけではないよぉ~。

有料施設にはどんなものがあるのか

キャンプ場

キャンプ場キャンピングカーだから、キャンプ場に行くべきだとは思わないが、時折利用するとその便利さに感謝してしまう。
最近ではキャンプ場の駐車場も料金を下げて貸し出し、施設も利用可能としているところも多くなった。
地理的に奥まったところにあったり、チェックインアウトがあること、繁忙期は予約で一杯で泊まることが出来ないなどのデメリットはある。

しかしながら、道の駅や一般の駐車場では出来ない「外での調理」が可能となる。
キャンピングカーに乗っていると確かに物事がコンパクトにまとめられて、便利は便利なのだが、解放感がない。

時折、キャンプ場を利用してアウトドアを満喫したくなる。

たまったゴミを捨て、水を積み込んで、電源も供給完了。

またここから出発。
いつもいつもキャンプ場というわけには行かないが、間に入れるとずいぶんといやされるのは私だけだろうか?

北海道では冬期間は閉鎖されてしまうので、利用が出来ないのが玉に瑕ですね。

それにおいても、充分値段値が有ると思いますね。

RVパーク

RVパークとは、キャンピングカーオーナー様や車中泊ファンの皆様に、『快適に安心して車中泊が出来る場所』を提供するために日本RV協会が推進しているシステムです。
駐車場に車中泊をしていいよ♪というものですが、電力、トイレ、ゴミの問題が解決されます。

ただキャンプ場ではないので、外での煮炊きはできません。

くるま旅クラブ会員のみが利用できる施設として

ここから下の施設は会員になっていないと行けないのですが、ご登録時に「JRVAステッカー」または日本RV協会会員企業から購入したお車であることが分かるお写真が必要です。
一般の車中泊のかただとちょっと厳しいかな。

入会金2000円と年会費2000円でサービスを受けることが可能になります。

キャンピングカーのかたのための施設と言うことが言えますね。

くるま旅のサイト

くるま旅

 

湯YOUパーク

湯YOUパークは

全国に100カ所以上あり
会員限定
温泉の駐車場に駐める
温泉を満喫することが出来る
価格は無料のところから、2000円程度くらいまで
温泉代金だけで良いところもある。

施設によって差があるので、確認してから利用して下さい

くるま旅パーク

くるま旅パーク

会員限定
本来、車中泊専用施設ではない
駐車場や空きスペースに車中泊出来るシステム
価格は無料のところから、2000円程度くらいまで
2020年3月31日時点の提携施設数12件

施設によって差があるので、確認してから利用して下さい

ぐるめパーク

2020年3月31日時点の提携施設数27件
レストランで食事をすると車中泊が出来るシステム
ご飯を食べなら、お酒も飲みたいかたにはうってつけの施設ですね
まだ施設の数が少ないのが難点ですね。
もっと増えてくれると良いのですが。

とれいんパーク

2020年3月31日時点の提携施設数2件
駅などの鉄道施設で車中泊ができるシステムです。
まだ関東圏に2件しかないので、利用したくても私には厳しい。

民パーク

加盟施設の駐車場や空きスペースに、 駐車泊できるシステムです。
まだ始まったばかりだそうで、10件の提携施設があります。
イメージはサイトに行ってみた方がよさそう。なにやら、民泊感覚で泊まれるそうです。

特割3000

10月1日から3月15日の平日ならば、一泊3000円(税別)以下で泊まれる施設です。
北海道の私には縁遠いですが、関東圏ですと十分魅力を生かし切れそうです。
だってキャンピングカーは寒さ知らずですからね。
オールシーズンで行けますから。。。

まとめ

車中泊って、ホントに安上がりで、撤収も早くて本当に便利です。
でも少し気をつけないといけないことがあることも事実。

ヘンな事件に巻き込まれたり、トラブルになると、旅が本当に楽しくなくなってしまいます。

結果的に自分が悪くて、注意されていても、なんだか面白くない時って有ります。
「あんな言い方することないだろう」とか「この間は注意されなかったのに、なんで今回は言ってくるんだ」とか、「俺ばっかりじゃないだろう」とか。

素直に受け入れることが出来ないときってあります。

道の駅の車中泊も、グレーといえばグレー。

マナーを守って、自分の安全も守って、なるべく言われそうなことはしないのがベストかと。もめ事が起きると道の駅での車中泊は「禁止」ということにもなりかねません。

私もこれからも使わせて頂くと思いますから、本当に大事にしたい環境ですね。

すべてが許されているわけではないので、節度ある無料車中泊には「ひっそりと」が大事かと思われます。

ポータブル電源と保冷の強化には、これもおすすめですね↓↓↓






1 2
こちらの記事も人気です

POSTED COMMENT

  1. カズちん より:

    以前、ウトロにオーロラフェスティバルを観に行って、シリエトクの道の駅に車中泊したときです。車中泊車は我が家を入れて2台。雪が降って早朝に除雪が入りました。気づいた時にはすでに時遅しで、我が家を除けて除雪されていました~
    迷惑かけてしまって、申し訳なかったですね~
    ごみ問題、我が家はなるべくエコステーション使ってごみを捨てるようにしています。とても助かりますね。道東方面には普及していますが、他の地域はあまりなくて、全国的に普及してほしいところです。
    水は、道内を回る分には湧水が汲める場所をチェックしているのでなんとかなりますが、それでも汲める場所が限られているのでルートを考えるときには水汲みポイントを考えていかなければなりません。有料でもいいので気兼ねなく給水できる場所が増えるとありがたいですね。

  2. tanisan より:

    カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
    意外と使いかってのある冬のキャンピングカー。
    除雪にまつわるよもやま話はあるあるですね。

    有料と無料の話を書いてみましたが
    「無料だから問題が発生している」と思う時がたくさんありますよね。
    有料キャンプ場でゴミを処理してくれないから、付近のコンビニとかはタイヘンなのではないかと。
    少々高くてもゴミの問題は考えてほしいと思います。

    水の問題も同感です。

    一泊くらいなら持って行った水でクリアーですが、それ以上になると考えないといけないですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)