ステッカー作り

キャンピングカーのものだけじゃなくて、ステッカーって、買うと高いから自分で作ろう。

バンクベッドの上のステッカー

洗車のたびにステッカーも剥がれ落ち、徐々にみすぼらしくなってきたので、カッティングマシーンを買って自分でキャンピングカーのステッカーを作った話をします。

高圧洗車機はステッカーに対しては、あまり良い物ではなくて劣化を進めてしまうのは事実でしょうけど、あれだけ大きな車になると、手で洗車するのもきついので、高圧洗車機を使用している。

剥がれてしまったセレンゲティの文字

我が家のセレンゲティは最初についていた「serengeti」の文字が早くに、はげ落ちてしまって、バンクの部分はのっぺらぼう。スッキリして良いねと思ってはいたけど最近ではなんだか格好悪い。ステッカーが剥がれた写真 ステッカーなしのキャンピングカー

あちこちステッカーを作ってくれるサイトを探してはみたけど、お高い(*_*)
そしてデザインもちょっと・・・ドクロとか、怪しい絵とかちょっといただけない。
そうなったら下手で元々、DIY。探してないものは自分で作る。これが醍醐味。

カッティングマシーンを使わない方法もある

キャンピングカーのステッカーを作る際にも、やはりコストを考えないといけないです。
まずは「手作業で出来るお手軽な方法」はないかを探す。

確かにありますね。

あまり多く作らないのであれば、それでもいいかなと。
自分がしたかったのは、切り文字のようなステッカーなのでライン通りに切れさえすれば使えないこともないだろうと。

さしあたり、材料を買って作り出してみたけど、やっぱり仕上がりに綺麗さを出すには厳しいので中止しました。最初に買った材料

カッティングマシーンを買ったよ

買ったカッティングマシーンはシルエットカメオ。シルエットカメオ本体 シルエットカメオを開けた写真
道具好きの私なので、一度買うとこれからも使うんじゃないかと思い買ってみた。
価格も長い目で見たら、安いかも知れないし
遊びのためにちょっと投資してみた。
今はもう新しいのがでていて、もっと楽しくいろいろなことが出来そうですよ♪

仕上がりと量産を考えたらカッティングマシーンは有用

手作業で出来ないこともないけど、やり始めてすぐに挫折。
ステッカーはパソコンのプリンターと同じようなものなので正確に作業が出来ないとダメだし、同じ物を数個作りたいときもあるわけで、手作業ではそれは厳しい。

実際に買ってみるととても楽しい物だ。

有ったら使うという道具で、使用方法は至って簡単です。

1)画像は専用のソフトを使ってミリ単位の図面を製作が可能です。イラストは描けなくても、文字は入れらますからそれだけでも十分に楽しいし、頼りになります。ソフトを使用する
2)買ってきたカッティングシートをシルエットカメオで切り出す。
さすがに機械です。綺麗に正確に、何度でも同じ作業をしてくれます。
本当にプリンターで印刷しているイメージですね。インクジェットプリンターとは違うので、カッティングシートが出たり入ったりしながら、切込みされていき楽しいですよ♪シルエットカメオで切り出して行く ステッカーの切り出し

小さくなってしまったカッティングシートはこの台紙に仮止めして、シートごとカッティングシートのシルエットカメオに入れて切り込みをします。シルエットカメオの台紙

3)あっという間に切り出しが終わります。
4)余分な部分を剥がして捨ててしまいます。綺麗に剥離紙まで切ってしまうことなく、作業をしていても気持ちが良いですね
5)張りたい文字がずれてしまわないように、上から透明アプリケーションシールを貼り完成です。私はマスキングテーブの重ね張りのほうが安いし、使い勝手が良いので使用しています。

養生テープも使い勝手が良いですね。給水排水タンク

実際に使ってみたら、楽しい。使用例を示します

カッティングマシーン、使わんと損だと思っているわけではないのですが、あまりに手軽に綺麗にシールが出来てしまうので、あちこち使っています。

携帯電話の裏面に携帯電話の裏面写真

キャンピングカーのフロントにキャンピングカーのフロントステッカーヘッドライトの上にステッカー

キャンピングカーのバンクベッドの部分にバンクベッドの上のステッカー

キャンピングカーのサイドにとキャンピングカーサイドのステッカー

DIYで移動した給水排水タンクのデカールに給水排水タンク

キャンピングカーの後ろ側にキャンピングカーの後ろ側

と結構使い道もあります。

カッティングマシーンがあることでなせる技でした。

コストパフォーマンスはどうか

最初手作業でステッカー作りを始める時にカッティングシートをホーマックさんで買ってきました。
カッティングシートは、巻かさって売っているのはよく見かけていましたがこんなモン買う人いるんだろうかって、正直思っていたし、買っている人も見たことがなかったシロモノ。
せっかくだから5色買ってみました。50センチ幅で長さ30センチずつで1色300円程度。馬鹿安じゃん。失敗したらはがせば良いし・・・

今回買ったのは♪スタートセットだったので、サンプルですけど沢山のカッティングシートが入ってきました。ロールのものもあります。

実際に業者さんに頼むとステッカーって結構割高です。だから、一回貼ったらあまり変えることも出来ない感じがします。
自分で作るから、じゃんじゃん作れますよ。カッティングシートがこんなに安いなら、思いっきり楽しめちゃいそうです。

このステッカーは自分が所属するマラソンチームのステッカーです。

A4サイズくらいのステッカーを10枚くらいも作ったら、元が取れてしまうんじゃないかなって思います。

まとめ

カッティングマシンをとうとう使いました。
「すごくおもしれ~~」っていうのが素直な感想です。
カッティングシートって、初めて使ってみましたけど、カッティングマシンがあって初めて有効利用されるものなのではないかなって思います。

確かに高いかも知れませんけど、持ってみると結構使いますし、遊べます。
簡単に作れるので、作ってしまおうっていう気持ちにさせてくれます。手作業で作るよりずっと良いですし、同じものを作るって、人力じゃ結構キツイですから。

POSTED COMMENT

  1. カズちん より:

    こんばんは。
    セレンゲティーのステッカーってすぐ剥がれますよね~(>_<)
    クレーム入れたら、張り替えしてくれましたが、ステッカーの送料とられましたね😡
    自分でステッカー作れるなんていいですね~
    キャンカーは、結構な確率でオリジナルのステッカーつけていますもんね。
    自分だけのステッカー、簡単に作れてしまうのはとってもいいなぁ。作るときもそうですが、つけているだけで、楽しくなりますね(^_^)

  2. tanisan より:

    カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
    そうなんですよ。。。すぐに取れてしまったので
    作り直しをしたんですけども、結構楽しいもんですよ

    ちょっと高めのプリンターといったところなんですよ

    いろいろと遊べますよ。

    最近、配属が変わって平日に代休が来なくなってしまって
    その分、暦通りの休となって週末遊べるようになったのは良いんですけども
    ひとり遊びが出来なくて、ちょっとストレスがたまってました(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)