電動工具紹介とメンテナンス

Makita ペンインパクトドライバー TD022DSHX。早く買えば良かった!

	 ペンインパクトドライバー2

木工diyで手軽に家具を作りたい!ペンインパクトドライバーはどうでしょう?
レビューをのせますね。

 

木材を使って、隙間家具とか、気の利いたものとか作りたいと思っている方
多いですよね。

私も木工の動機は綺麗な収納をしたいという事でした。

だってイヤじゃ無いですか

家具が綺麗に収まっていなくて、デコボコな生活空間。
あと数センチ大きさが違っていたら、スッキリと収まったのにと。

出来ることなら、自分が希望するサイズで作りたい。と
思うところですよね

 

私は今回、「Makita ペンインパクトドライバー」TD022DSHXを買ってみたんです♪

それがすこぶる良くて、これならみんなに勧めてもいいかなと思ったので
記事にしてみることにしたんです

自作家具
【初心者が作って来た】木工DIY作品集です。楽し~ので35年もやってます!自分が今まで作って来た木工DIY作品集です。あまり上手とは言えませんが、楽しみながら進んでくることが出来ました。 これから木工DIYを始められるかたの参考になればと思い、紹介しています。...

 

購入した物

今回購入したのはこれ!
「Makita ペンインパクトドライバー」TD022DSHX ペンインパクトドライバー5

DIY歴も35年以上が経過した私ですけど、道具についても色々と素人なりの思いもあります。
そんな中で
今回は、感動しました。

「Makita ペンインパクトドライバー」TD022DSHXは早く買っておけば良かった。

購入した動機はこんなところでした。

以前から使っていたドリルドライバーのバッテリーもさすがに経年劣化。
「本体はなんともないから、バッテリーだけを買って使い続けたい」とimpact15

道具には愛着もあり、バッテリーが無いことでお蔵入りにするのは好きでは無い

なんとか使い続けて上げたくて、替えバッテリーを探すけど
「純正は高い」「売ってない」「あっても互換品」

あまりの安さに互換バッテリーに目がが行く自分でしたが、うさんくさくて。

ノートパソコンの互換バッテリーを購入して、3か月でだめになったことや、充電中の発火事例の見ると電動工具のものは怖くて買えない。

でもポチりそうな自分を抑えるのは、ちょっときつかったですよ(笑)

そんな時

ちょっと発想を変えて
「持ってないものを買おう。似たようなものを買っても仕方ない」と

もっとお手軽な充電式ドライバーを持つことはどうかと、リサーチ開始!

私のそして、皆さんにもオススメなぴったりな道具ありました。

それが「Makita ペンインパクトドライバー」TD022DSHX

良いところ

重量が軽いこと

これがとても重要ですよ♪
重いと疲れます

時代は高電圧のシリーズも沢山出てきて、わたしがDIYを始めた頃は3.6Vも沢山あったのに今は10倍以上の40Vもございます!

ビックリで、魅力も感じてしまいます。

でも

自分の使用環境とか、主に使うことはなんなのかを考えると
高電圧は不要です。

だって
高電圧は重くて、ごつくて、大きくてと。
疲れます。

そして使うことが大義になりそう。

「強さが全てでも無い」と長年やってて思います。

これは
550gしかありません。
この手軽さっていったらありません。

動作が直感的なこと

このスイッチを見て欲しい。裏面も同じになってるんですよ♪ ペンインパクトドライバー8  ペンインパクトドライバー10
「ネジは右に回すと締まります。左に回すと緩みます」

この動作と同じように、スイッチを回すと期待した動きをしてくれます。
締めすぎたら、そのまま、左に回すと緩みます。

そうなんです!微調整が簡単にできてしまうんです。
いちいち回転方向の切り替えがいりません!

そんな「些細なこと」と思うなかれ。
これ重要です♪

直感的がステキ過ぎます。

手締めが出来ること

微調整が出来るということにつながりますけど。
最後の締め付け確認が出来ることがウレしいですねえ。

本体にロックを掛けることで、手締めで締め付けをすることが出来ます。 ペンインパクトドライバー12
とても太いネジには、インパクトの力が勝ってしまうので、使用することは少ないでしょう。

でも
細かなネジについては、クラッチ機能が無い「インパクトドライバー」に於いては、どんどんとしまっていき、木材に於いてはどんどんと「めり込んで」行ってしまいます。

最後の締め付けだけは、手の感覚で出来るのはウレしい機能と感じます。

電池が持ちが良いこと

搭載されているのは7.2Vのリチウムイオンです。 ペンインパクトドライバー6

世の中のインパクドライバーでイメージされるものとはほど遠い「情けないサイズ」

「大丈夫か?」これ

まだすごく使っているわけでは無いですけど
少なからず、私の「ヘボニッカド12V」よりは良い仕事をしてくれています。

比較がよろしくないですけど

私は大満足です。

力においても素晴らしく、ビスがシッカリと入っていく。

太さが4ミリを超えて、長さも100ミリを超える外のエクステリアを作るためのものであれば、厳しそうです。

ただ
普段使いにどうかといった判断で行くと、「いい」と思います。

ここ「普段使い」がポイントですね。

LEDライトも付いていてなにげに助かります。 ペンインパクトドライバー13

コスパがいいこと

ケースが素晴らしいことにビックリしました。
シッカリしたアルミのケースです。 ペンインパクトドライバー3  ペンインパクトドライバー4

その中に充電器、もう一つのバッテリ、インナーケース、2番のドライバービットが入っています。 ペンインパクトドライバー7
それがAmazonあたりだと、2万円切って売られていますから。

コスパは良いのではないかと思います。

メーカーが信頼できること

メーカーもマキタさんです。
本体の色も「緑」ではないので、「プロ用」です。

電動工具のコレクターも存在する中で、あの本体色は
持っているだけで、所有欲求が満たされる感じがします。

故障などにも対応してくれそうですし、バッテリー充電中の発火などの心配も少ないと言えます。

悪いところ

まだ、つかめていないです。

ひとつ感じるのは、本体の長さが結構あるので、狭い空間でのビス留めには工夫が必要ですね。
引き出しの中とか、小さい箱の中での作業は、お尻の部分がぶつかってしまうので、L型の作業が出来るアダプターなどの組み合わせが必要に感じます。

あと、バッテリ残量がわからない点があるかな。

長所の裏返しともなりますが、モーターの弱さが繊細さに一躍買ってくれますが、その分、大工さんのような作業には向きません。

どんな方におすすめかと考えると

1)DIYを始めようとしている方
2)すでに充電式のドリルドライバーなどを持っていて、サブとして使いたいひと
3)細かな作業をしたいひと
4)ちょっとした作業として、「普段使い」に使用したい人
このあたりになるかと思います。

大がかりな作業には向きませんけど、私は「こればかり使うこと」になりそうです。
私の場合は、大がかりな作業は交流式のインパクトドライバーを使用していますので、サブという感覚になりますね。

ただ言えるのは
インパクトにしろ、ドリルドライバーにしろ、一台ではとても作業効率が悪く、いやになります。

下穴を開けて、ビットを交換してビスを締め付ける。
また外して、ドリルを付け替えての繰り返しとなり、いつまで経っても、組み立てが終わりません。

パワーに違いはあっても、複数台持っているとすごく良いですよ♪

まとめ。買って良かったのか

これは本当に買って良かったって思います。

ただ
道具をそろえたり、何を最初に買ったら良いのか

この先
使わないかもしれないから、お金も掛けたくないし。
そんな思いもわかりますよ

「早く買っておけば良かった!」と。
「Makita ペンインパクトドライバー」TD022DSHXを手に入れたときに「久しぶりに思った感覚」でした。

重量が少ないということがこんなにも「作業を楽してくれるのか」

インパクトであるから、シッカリと締め付けもしてくれる。
普段使うようなビス留めや穴開けに困ることは無い。

手元に置いておきたい工具となりました。

ちょっと残念なことは、ケースに貼られた大きな商品シール。
「早く剥がしたい」です。

「Makita ペンインパクトドライバー」TD022DSHXの記事を書きました。
おすすめですよ。

 

普通の形のインパクトドライバーなら10.8Vのこれがオススメですよ。

Makita10.8vインパクトドライバーTD111DSHXは魅力的な工具木工diyで手軽に家具を作りたい! 木材を使って、隙間家具とか、気の利いたものとか作りたいと思っている方 多いですよね。 私も木工の動...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)