キャンピングカー快適化とDIY!

キャンピングカーに外で使えるコンセントを付けてみたら、便利ですね

キャンピングカー外部コンセント1

キャンピングカーのバッテリーを利用して、様々な電化製品を使っていく。

バッテリーの能力もさることながら、12Vを100Vに変えてくれるインバータのおかげなのだが、今回のキャンプでも「その快適さ」を感じてしまったので書いてみた

キャンピングカーの中で電化製品を使うのは、まあいつものことだけど、外で使えるように簡単な配線を回してみたら、思いのほか快適でした。

「いつも通り、中のコンセントから引っ張って、回してくれば良いじゃんか」

とか

「そんなこと大した快適化でも何でもないでしょ」と、いわれそうだが

使っている本人においては、結構大きなポイントとなりました♪

キャンピングカーの外で使えるACコンセント

今回チョットだけ手を加えてみたのはこれです。キャンピングカー外部コンセント1

というか

これだけです。

単純にACコードをキャンピングカーのコンセントにさして、外で使えるようにしてみただけです。

使わないときにはコードを巻き付けて、荷物の積み卸しのジャマにならないようにしておきます。

使用している最中もリアゲートのドアを閉めても、問題もありません。キャンピングカー外部コンセント17

しっかりとした配線を組んでしまう方や外部コンセントを取り付けてしまうなど、個人の力量によって方法は様々ですけど、私はお手軽にこの方法でヨシとしました。

以前からウインドエアコンをキャンピングカーに取り付けた際に、作っておいた木製の箱にひと細工した単純なものです。

 

キャンピングカーにウインドエアコンをつけてみますキャンピングカーにウインドエアコンを取り付けたときの記録です。DIYを駆使して取り付けをしました。北海道なのであまり使用することはないのですが、使用できるという選択肢を持てたことがうれしいです。...

 

匂いがこもらない

何がいいのかというと、「キャンピングカーの中に匂いがこもらないこと」なのです。

コーヒーや炊飯など、悪い匂いではないにしても充満するとちょっときつかったりで。キャンピングカー外部コンセント7

それがキャンプ場であれば、わざわざキャンピングカーの中に入ってまですることでもなさそう。

天気が良いならば、外で開放的な雰囲気の中で手軽に楽しめるのがいいですよ♪キャンピングカー外部コンセント6

リチウムバッテリーの恩恵を受けて

こんなことが出来るようになったのは、まず「リチウムバッテリー」に載せ替えたからなのです。キャンピングカー外部コンセント3

 

リチウムバッテリー交換23
最高の相棒を手に入れた!リチウムバッテリーに交換ですとうとう我が家の鉛バッテリーも力尽きて、交換となりました。このバッテリーも6年も使ってました。キャンピングカーをリチウムバッテリーにしたらストレスフリーになりました!...

 

大きな電力を必要としがちな「熱を発生させる電化製品」は、鉛のバッテリーでは厳しいですね。キャンピングカー外部コンセント4

すぐにバッテリーがなくなってしまいますし、大電流を使用するには適していないと言われています。

そして、使用してしまった電力を埋めるのもスゴく時間がかかって、正直言って3泊目くらいからは自信が持てない状況になります。

それらの不安を一気に解決してくれるリチウムバッテリーは本当にありがたい存在であるといえます。

お気に入りの電化製品はこれ

まずはコーヒーメーカー

キャンプ場に行ったら、お湯を沸かして、ドリッパーでゆったりとした時間の中でおいしいコーヒーを落として飲みたい。

それも素敵なことです。

でも自分は出来ることなら、コーヒーメーカー派です。

だってめんどくさいから。

そしてある程度の保温も効いてくれるので大助かりです。

電力に心配が無い中で使える状況下で、日常的に使えるのならコーヒーメーの方が優れていると思ってしまう自分がいます。

今使っているのはこれでして、お気に入りです。キャンピングカー外部コンセント8

コーヒーも魔法瓶構造のおかげで、冷めることがありません。

そして炊飯器

ご飯をどうやって用意していくか。
今はいろいろな方法がありますよね。

パックのご飯を電子レンジで温める。メスティンを使って炊き上げるなど、時々の合わせた方法でいいと思います。

我が家は色々と試したけど、これが一番いいと思いました。
そう。

おうちスタイルの「炊飯器」を使うこと。

なんたってよく出来てると思うし、後始末も簡単だから。
保温だって出来ちゃうよ♪

キャンプに行ったら「飯ごうでしょ」は遠い昔の常識です。
「うまくいったぁ!」と楽しみとして行う炊飯であるならばそれもヨシでしょう。

私は安定した「炊飯」が好きです。

まとめ。穴蔵の暮らしから解放される

キャンピングカーも乗ってみるとわかりますけど、結構穴蔵暮らしです。

箱の中に入っている感じは否めませんし、窓が小さいこともあって、外の景色は余り見えません。

開放的な雰囲気はあまりなくて、道の駅などにいると余計に感じてしまいます。

電力が欲しくてキャンピングカーの中にいるしか無い場合もたくさんです。

それが簡単に100Vが取り出せるのなら、それに越したことはないのではと思いました。キャンピングカー外部コンセント2 キャンピングカー外部コンセント5

電源付のサイトに滞在しているのであれば、そこから電力を供給すればいいのですが、それが出来ない場合もあるのです。
ちょっと一工夫しておくといいですね。

ちなみに私のはキャンプ場やRVパークから直接電源を取り込めるようにもしているので、その時々に合わせた使用方法を楽しんでいます。

POSTED COMMENT

  1. カズちん より:

    インバーターあると、色々広がりますね~
    我が家は、まだインバーターないので、欲しいところです。でも、高いんですよね~😥
    電子レンジ使いたいので、買う方に気持ちが傾いています。
    それもこれも、リチウムのお陰でしょうね😊

    • tanisandiy より:

      カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
      コメントありがとうございます。

      リチウムが素晴らしいので、インバーターがないのはもったいないですね。
      電子レンジは結構使っています♪ ご飯を温めたり、冷凍物を解凍したりと。
      う~んたしかに高めっていえば高めですけど、すべてを12Vでまかなっていくのは厳しいので
      頑張って手に入れてしまいましょ。
      応援してます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)