キャンピングカーのノウハウ

キャンピングカーの使用スタイルに変化が。キャンプ場利用のメリット

garden6

最近我が家はコロナ渦の影響でキャンプ場をよく利用するようになった。
今までも利用したことがないわけではないが、こんなにも利用した年もないと思えるほどだ。

なんとなくキャンプ場を借りるのは便利がいいのはわかるが、疎遠な我が家。

キャンピングカーがないときは、毎週のようにキャンプ場に行っていたのに。

キャンピングカーを手に入れてからは、めっきりと使うことはなくなりました。

キャンピングカーを持ってから変わった我が家のキャンプスタイルキャンピングカーを持つと持たないとでは、キャンプスタイルも大きく違う。「非日常を楽しみたいからテントがいいんだ」と。それはそれでOK。キャンピングカーのキャンプを紹介します。...

でも世の中こんなことになるなんて、全然想像もしていなかったし、
なんだか知らんけど、どこにも行けないくらいの拘束感を感じてしまっています。

そんな中でキャンプ場に行ってみたら、それがまた楽しいのだ。

こんなにも楽しいものなのかと。

今更、すごく魅力を感じてしまったのでまとめてみた。

キャンピングカーでキャンプ場に泊まるメリット

荷物を沢山減らせる

我が家も最初からキャンピングカーがあったわけではありません。arten1

何年もテント泊を繰り返し、トータルすると35年以上はキャンプを楽しんで来ました。

だからこそ、キャンピングカーのスゴサが実感として感じることができます。

世の中にオートキャンプ場が出てきただけでも、衝撃でしたから。
「荷物を全部下ろさなくていいんだってよ!」と。

これくらい幸せなことはないと思いました。

キャンプにはまるとキャンプをするにつれて増え続ける「道具」。

あれもこれもと持って行きたくなるから、不思議だ。garden5セカンドハウス61

疲れが全然違う

一般のキャンプはテントと寝袋。
これが基本スタイルですよね。

スゴくわくわくするし、楽しくて仕方なかったりで
自分としても、とても懐かしい感覚です。

朝起きたら、土地の傾斜にならってなんだか知らないけど、家族みんなが端に寄ってしまってることもしばしば。

眠れたんだか、眠れなかったのかもよくわからない。

楽しいからあまり疲れを感じていない。

わかります。

でも実は何泊もしてくると、結構疲れがたまってくるもんでして。

運転してる時なんて、疲れを感じて、気づいたら居眠り運転の直前って言うこともありました。

キャンピングカーを持ってからは、テント泊はしなくなりましたので、疲れが全然違って来ますよ。

それでいて、

非日常が楽しめて、雨風の影響も受けにくいので、助かります。

キャンプって、地道にだんだんと蓄積してくる疲れに、注意が必要ですよね。

設営と撤収が高速

テント泊は設営と撤収にどうしても時間がかかってしまいます。

キャンピングカーによるキャンプはこの点が本当に楽ちんです。

最近のスタイルは、テントがないのでタープも夕食が終わったらしまってしまうこともあります。

そのほうが朝の動きが早くなりますし、夜露でタープなどがべちゃべちゃになってしまうこともありません。

タープは使用する部材が少ないので、たたんでしまうのも簡単ですから、朝早めに動きたいのであれば、この方法もおすすめだと思います。

朝起きて、起きた時点から撤収への一歩が始まる一般のキャンプ。

我が家も30年以上もやってきたのでとてもわかります。
いつになったら出発できるんだろうかと、楽しみながら片付けながらと。

たらたらと。

「あれぇ~急がないと、チェックアウトに間に合わないじゃないかな」と。

結構な重労働というか、多くの時間を費やしてしまうのも事実でないでしょうか。

キャンピングカーはやはりこの出発の早さに、ポイントがあると思いますね。

車内設備に助けられることが多すぎる

キャンピングカーでキャンプ場を利用する場合、持ち前の設備にかなり助けられてます。

シンクやトイレ、そしてなにより冷凍冷蔵庫は、かなりの威力を発揮します。

キャンピングカーDIY

わざわざ高規格なキャンプ場を利用する必要もなくなります。

物騒な夜間のトイレに行くこともなくなり、冷蔵庫に食材を保管することで、食べ残したものを無駄にすることもなくなります。トイレ

またLEDランタンにおいても、キャンピングカーからの充電が可能なために、翌日への確かな明かりを得ることが出来ます。

 

6年経っても有って良かったと思えるキャンピングカーオプション5選を解説!キャブコンセレンゲティに乗って、もう6年です。 快適に過ごすって、その感じ方には個人差があり、目指すところは違うと思います。 キャン...

キャンピングカーでキャンプ場に泊まるでデメリット

目立ちすぎて恐縮

キャンピングカーでキャンプ場に泊まるメリットを沢山書きましたが、デメリットもありますね。

まずは、これですね。目立ちすぎて。

今でこそキャンピングカーが多くなりましたが、それでもオートサイトに駐めるとちょっと目立ちすぎです。

車がでかくてサイトが狭い

北海道のキャンプ場は割とサイトが広いところが多いので、大丈夫かと思いますが、お隣さんとの距離が近いと、セマセマになってしまうこともあります。

またキャンプ場に行くまでの道が狭くて怖い時があります。
対向車が来たら絶対に交わせないと思う道路や、樹木が道路に大きくせり出してイケないところなど、キャンピングカーの大きさ故の問題もあります。

道の駅のメリットといったら

なんたって無料は最高

本来は宿泊施設ではないけど、グレーの領域で車中泊は可能です。キャンプサイト8
車中泊が禁止となっているところもありますが、まだまだその割合は少ないのでほとんどがタダで宿泊が出来ることになります。

タダはタダなりということもありますが、キャンピングカーでの車中泊はカイテキそのものなので、道の駅ばかりを泊まり歩いても全然問題はありませんね。

 

スタンプラリーをして、全部の道の駅を制覇するなど、楽しみ方もいろいろあって、楽しいですね。

なかでも北海道はガチャピンズラリーがあるのでとても楽しくて、私もやっています♪ガチャピンズラリー

 

ガチャピンズラリーは北海道限定。キャンピングカーで道の駅を回る楽しみ。こんにちは。 皆さんは北海道限定の道の駅のピンズ「ガチャピンズラリー」をご存じでしょうか。 北海道の道の駅を利用されているかたなら、...

 

手続きなどがない

当然、予約や手続きなどもありませんし、いつ行ってもオープンな状態で利用することが出来ます。

当たり前なのですが夜間のゲート閉鎖などもないのが、ありがたい環境であると思います。

立地条件がいいところが多い

車を運転する方のための休憩施設として存在しているわけですから、大きな道路に面しているところがほとんどです。

アクセスもとてもいいですね。

施設も温泉が併設されていたり、レストランや売店があったり、遊具施設などその道の駅の特長を生かした素晴らしい施設満載なところも多いですね。

なぜキャンプ場を使ってこなかったのか

時間が間に合わない

少ない休みで多くの場所を回りたいと思う我が家。

一日の走行距離も多いものとなります。

できるだけ簡単に、そして短時間で就寝に移れることが優先された時代がありました。

受付時間などに制約のあるキャンプ場は、我が家にとっては適しませんでした。

事前予約や入場手続き、撤収時の作業などなど、「めんどくさ~~」って、感じてしまって。

また田舎に住んでいる関係で、焼き肉やたき火などは家の前で毎日出来てしまうので、あまり魅力を感じていなかったのも確かでした。

お金もかかる

キャンプ場はホテルに泊まることを考えると、さほど高いものでは無いと思います。

キャンプ場は食事は自分で作るので素泊まりで、温泉台は別途料金となるので、結果的にはそれなりの経費となってしまいませんか?

一泊だとそれも楽しみとしていいところではあるのですが、連泊になってくると違ってくると思います。

キャンプ場を使用してこなかった一番の理由が、経費の問題であると私は思います。

キャンプ場に払う金額が「高い」とみるか「安い」とみるかは価値観の違いであると思いますが、キャンピングカーを持ってからはとても高い印象を持ってしまっていました。

それも年齢を重ねて行くにつれて、その価値観も違ってきて、今は素敵なロケーションに囲まれながらの自前飯が、素敵な時間の使い方であると思えています。

それが一番なのかも知れません。セカンドハウス12

まとめ

楽しみ方によって使い分けることになると思いますが、やはり「混在」が一番なのでしょう。

キャンピングカーならではの特性を生かして、適材適所で切り替えていくことがベストでしょう。

キャンプ場、道の駅、最近多くなったRVパーク、湯パークなどなどをそのスタイルに併せて楽しんでいけるキャンピングカーは本当に魅力的です。

車中泊地はどこでもいいというわけではないよぉ~。キャンピングカーのみならず、車中泊をして楽しんでいるかたも多いですね。でも、車中泊させる場所って「どこでもいい」わけではありません。チョットだけアドバイスを載せました。...

 

キャンピングカーでのキャンプ場利用は、動く別荘がキャンプ場に来たという印象が強いですね

セカンドハウス8
セカンドライフで楽しみたいキャンピングカー。セカンドハウスを持つよりお得!定年が近づき、すでにキャンピングカーを持ってはいるけど、セカンドライフに憧れた。 実際に立てようかとまで思ったが踏みとどまった。 やはりキャンピングカーのほうが魅力がいっぱいという結論からでした。...

 

北海道のキャンプ場情報は、「この本が一押し」です。私のバイブルですよ♪gaido

POSTED COMMENT

  1. taka より:

    タニさん、こんにちは~。
    まさしく今、道の駅とキャンプ場の混在を楽しんでいます😊。
    移動の利便性を優先する日は道の駅、時間にゆとりがあるときは焚火をしたいのでキャンプ場という具合ですね! ですが最近、我家のワンコが焚火のパチパチに少々パニック気味で、今後は炭火を楽しむ?かもしれません(^ω)・・・

    • tanisandiy より:

      takaさんこんにちは (^o^)/~~~
      キャンピングカーライフ満喫されているみたいで
      何よりです

      なかなかミニオフ会の日程が決まりませんね
      スイマセン
      それでもそちらの町には何やら野暮用でちょくちょく行ってましたけど
      自分だけが抜け出せずにいました(笑)

      最近ちょくちょくいっていたキャンプ場情報を載せてましたので
      また遊びに来てくださいませ。

  2. カズちん より:

    Tanisan こんばんは。

    今年、夏休みに旅に出て思いました。
    今コロナ流行っているので、公園や道の駅は、なんかあずましくないです。
    オートキャンプ場だと、自分達のスペースが、決まっているし、車の出し入れしても、止める場所が確保されている、ゴミは大手を振って捨てることが出きるのるので、あずましいなぁと思います。
    気兼ねなく過ごせるのが、ストレスなくていいですね。お金はかかりますが、ホテル代に比べたら安いもんです。
    道の駅や公園は、だんだんマナーが悪くなって居ます。特にトイレや洗面台の使い方はひどいもんです。

    • tanisandiy より:

      カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
      私も今日はキャンプ場からの帰りとなりました。
      出発日は時間が遅かったので、道の駅を使わせていただきましたが
      新しい道の駅なのに、朝起きたら洗面台がびちゃびちゃ。床もひどい状態で。
      確かにだんだんマナーが悪くなってきている気がしますね。

      キャンプ場。最近使ってますけど
      宿泊が目的となってるので、確かにアズマしいですね

      無料より有料の方がやはり、サービスも行き届いていて
      カイテキに過ごせますね

      今年は今スタイルが続きそうです

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)