木工のノウハウ

スタイルアンドレールビットの治具作り

角材を使って扉などを作る際には、いろいろと方法がある中で
私はもっぱら、スタイルアンドレールビットを使っている
綺麗に仕上がるのと、作業時間がとても早くて好きです

でもこれも、ただ使っていてもうまくいかないどころか、ケガもしそうだ。
アマチュアだろうがプロだろうが、安全対策はとても大事ですよね
前から作ろうと思っていた治具をつくって行きます

見本はこれです

もうすでに製品化されていて、オークションなんかでも5000円くらいで出品されていますが、自分で作ってみたいのと、寄せ集めではあるけど、部品が手元にあったのでやってみようと思います。

使用する際にはこのように使う物です

扉の枠を作る際に、木の端をビットで削っていくのですが、材が暴れたり、ビットの回転にマケてうまく削れなかったり、端が割れてしまったりとトラブルに見舞われます。
この治具は、材の後ろにあて木をおくことで、綺麗な切削が可能となります。
良いのはわかっていたのですが、作る暇が無い。やっと今日完成できました。

100円ショップからMDFを買ってきました

20センチ幅のMDFを買って、これに部材を組み付けていきます。
こんなときはホントに100円ショップさんには感謝です。
失敗しても100円です。

トリマーで溝を切って作ります

なんとも、楽しくてあっという間にここまで来てしまい
制作中の写真を撮り忘れてしまいました。
製品版は溝が一本で一カ所での固定なのですが
大事をとった私は、2本溝を切りました。

実は右左裏表の関係で間違ってしまったので
結果的に2本溝が出来た次第です。でも材の安定は確実にこちらの方が良いので
オーライとしました。

実際に作業をしてみます

良い感じです。綺麗に溝が切れます。これですよ私が求めていたのは!
安定した切削は気持ちが全然違いますし、不必要に力が入らないので出来上がりにも差が出るような気がします。とにかく、一番キライだったルータートリマー。
でも最近、うまく使うことが出来て、なんで早くからどんどんと使わなかったんだろかと、ちょっと後悔してます

自分の工房がこうありたいと。アメリカの工房の写真を飾っています
綺麗に整頓されて、明るい工房。憧れます

 

 

POSTED COMMENT

  1. カズちん より:

    いいもの作ろうとすると、道具、工具、治具、とっても重要ですよね。
    こんな便利な治具を作ってしまうなんて凄いですね~
    木工の快適化ですね(^_^)

    • Tanisan より:

      ジグは付くのが面倒でも、作ってしまったら、もう快適で快適で。本当に快適化ですね。

      同じものを量産するときなどは
      威力を発揮しますよね

      次は娘の簡易コスメ台を作る予定です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)