DIYで家具を自作しよう

DIYでFAX台を作ったときの話。その作り方。

DiyでFAX台を作ったときの話です。製作過程をのせますが完成したのは2002.6.2でずいぶん昔のことになってしまいました。この時は角材を多く使って材料費を浮かせようと思って製作を開始しています。その分時間がかかりますが、見た目にもちょっとしたデザインになるかも知れませんので、挑戦してみる事にしましたと記憶しています。

今ではすっかり良い色に変わって現役な自作家具

もう17年も経ってしまっていたのですね。この頃が一番、Diyで家具を作ることに燃えていた時期でした。またネットの中でもアマチュア木工が大流行で、こぞってDiyerがホームページを作って、作品を披露し合っていました。まだSNSがなかった頃で、掲示版が情報交換の場となっていました。

オイルフィニッシュをしている家具がほとんどで、時間とともに綺麗な飴色に変わり、製作したときのことがよみがえってきます。

Diyは自分に向けた特注品。楽しくて仕方ない。

側板となる部分から作って行きます

基本となる部材は2×材でSPFを挽き割った物を使ってみた。
プランジタイプのルーターを使って幅10ミリ、深さ5ミリの溝を掘り、10ミリのホワイトウッド合板を入れて框組みとした。

フレーム(枠)の接合は互いを欠き取る「相欠き継ぎ」で接合しました。

木工ボンドを使い、そのあとは我が家のクランプ総動員で圧着をしていきます。
当時はクランプの数も種類も少なくて、同時に圧着出来る数が少なくて、時間ばかり経っていきます。

引き出し受けを作る

1×4材にビスケットを使って、引きだし受けのフレームを作りました。
いつもは若干の目違いが出てしまうのですが、下に基準板(コンパネ)を敷きその上で、高さを揃えるように注意して切り込んだ。

見事に効を得て、目違いもなく綺麗に接合できた(⌒▽⌒)
今まではビスケットジョイナーを前に押す事に注意がいって、工具が若干持ち上がっていたのだと思う。

ビスケットジョイナーは、横の位置の修正は出来ても高さの修正は出来ないので、一発勝負のところがあります。

引き出しがココに3個並んで入るため、お互いが干渉し合わないように引きだし受けのフレームに4ミリのベニヤ板で仕切りを付けます。

4ミリのストレートビットをつけて、ビットの半分量が一回に切り込める深さですから2段階に分けて切り出しますが、プランジルーターですので簡単です。

深さ調整は、ストッパーに彫り込みたい厚さの部材をはさんで調整をします。
切り込むときには挟んだ板を外すことで、この板の厚さ分しか下がらなくなります。
刃先ので具合を確認するより簡単ですし、基準となる深さ設定用の端材を揃えておくと良いようですね。

深さ設定が済んだら、ルーターを上げ電源コードを差し込んで切削開始!

フラッシュ合板の天板を作ってみました

30ミリほどの天板を使おうと思って、今回はコストの事も考えフラッシュ合板にしました。

芯となる部材はコンパネにしました。

これを合板に貼り付けて、はみ出た部分をフラッシュビットで綺麗にします。

名前の通り、綺麗に仕上がりました。(当たり前か。。。。)

今度はもう片面に合板を貼り付けて同じ加工を行う。
へらを使ってなるべく均等にボンドを塗ります。

今回もクランプ総動員でがっちりクランプ。

その後、木口隠しの目的もかねて、SPFをビスケットで
取り付ける。

ルーターで表面は丸面。裏面はロマンオージーで
面取りをしました。なかなか良い感じに仕上がって
気持ちがいいです。

1 2 3 4

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)