GENTOS EX-000R買いました

今年はキャンプがしたくて、ランタンを追加購入しました。以前は定番のEX-777XPとガスランタンを使用したキャンプをしていたけど、メンテナンスの問題やLEDランタンがとても明るくなったので、ガスランタンを廃止した。

最初に追加したランタンはジェントス SOL-013C

530ルーメンの明るさとコンパクトさをとってSOL-013Cを購入したのが昨年の8月キャンプはあまり行かなかったけど、とても満足して使っていた。電池の持ちも良いし、使いやすいしで、私としてはお気に入りで、一番左端のEX-777XPと組み合わせがとても気に入っていた。

年末にEX-777XPを祖父にくれてしまったので

お気に入りのランタンではあったけど、実家の停電の際にたまたま居合わせたこともあって、ランタンをくれてしまった。「いいよ。あげるね」といったもののさすがに一個になると不安で、次のランタンを探さなくてはならなくなった。それでも品定めがうまく進まなくて、なんとなくずるずると。まあ春になってからでも良いかと購入を先延ばししていたが、いつも気になるアイテムだった。

1000ルーメンの明るさでEX-000RとEX-1000Cとで迷う

数値だけではなんともいえないところはあるのだけど、1000という明るさには魅力を感じてしまい、この2種で迷った。迷ったときは両方買うっていう手もないわけでもないが、強力なランタンばかりあっても仕方ないので、結局は充電式のEX-000Rにしました。

この明るさ半端ではない

明かりの種類は白色・昼白色・暖色とロウソクの灯のようなキャンドルモードがありますが、確かに明るくて直視が出来ません。暖色は450まで落ちますが、それでも目が痛いです。

キャンプで使ってきました

虫除けをかねてメインに今回買ったEX-000Rを少しサイトから離した形でおいて、テーブルにはSOL-013Cをキャンドルモードにしておいてみました。とても良い感じにサイトを演出してくれました。ともに同じ白色モードで照らしてみると、差ははっきりしますね。暗いのを明るくは出来ませんが、明るいランタンを暗くすることは出来るわけで、大は小を兼ねると同様、明るいランタンはとても有用であると思います。

充電式がキャンピングカーには良いと思う

キャンピングカーは一般的に走行充電かソーラー充電をしながら、サブバッテリーに電力を蓄えているわけで、そこから充電するというパターンが容易にとれるので、充電式であるというのは有用であると思いました。
夜間使用したランタンを、日中帯のうちに充電をしておけば良いわけで、毎晩、満充電の状態で使用することが容易となります。別に乾電池でも良いじゃんと思うところではありますが、「使用済み乾電池はゴミになる」ということがネックになると思います。途中でバッテリー切れとなった場合は、単一電池3本で使えるので、その辺もうれしい設計ですね。

購入価格はちょっと高めですが、おすすめだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カズちん より:

    ランタン、燃料系だとメンテがあって、いざという時に使えなかったり、暗かったりで、結構面倒ですよね。しかも、高温になるので、危険度も上がります。昨年、ポップアップ式のスクリーンが、風でひしゃげてランタンに触れて穴が開いてしまいました。幸い倒れることなく惨事には至りませんでしたが、危険を感じました。
    電池式のLEDだとそんなことはなくて、安心して使えます。LED化検討です。
    充電式だとキャンカー乗りとしては、昼間に充電できるので使い勝手良さそうですね~
    まねっこしよかな~(^_^)

    • Tanisan より:

      カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
      このところ数回使ってみてますが、良いですよ。もうガスランタンは不要かと思いました。
      2AタイプのUSB充電器ですと、充電も早くて助かります。
      キャンカー乗りなら、充電式良いと思いますよ。。。

      ちょっと高めなのが、何ですが。。。充電の際の電気代はかかるかもしれませんけど
      燃料も乾電池もいらないですし、どうでしょう・・・