キャンピングカーの窓が定位置で止まってくれなくなったので一工夫しました


 シンクの所にはアクリルの押し出し窓がついている。
この調子がいまいち。前からそんな感じもあって
最近では、あまりに開けるとシャフトが外れて
今度ははまらなくなって、どうも使い勝手が悪く
途中の開け位置で止まってくれなくなった。

前にも分解しているからわかっているが
「ちゃっちぃ作り」。国産だったら許されない構造とも思える。
そうそう売れるもんでもないから、修理だ、部品だと言ったら
「高くてなかなか手元に来なくて」と、ユーザー側に
たっているとはいえない対応をされそうで怖い。
このバネが開き位置を調整しているのだが
ハマル位置が甘くなり、十分に期待したことをしてくれない。
ただ単純に、このくらいで止まっていてほしい
走行中は開けることはないのだから
さほど強固なものも不要だし。

そんでもってとりあえず策は
洗濯ばさみ2個。これで十分だ。つける個数を変えればこれでも少なくとも二段階だ。
これでよければ、もうちょっとおしゃれな洗濯ばさみに
してあげようかと思う。
位置を合わせているうちに落ちてしまうとやっかいなので
たこ糸をつけて今は使っている。
糸が細いので網戸もちゃんとかかってくれる。
まずはヨシとした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カズちん より:

    抜けちゃったんですか~(>_<) 我が家では、動き悪い時があって、レンタサービスでオイルスプレー吹いてくれて、その後改善されました。 他の窓、壊れる前にメンテしておいた方が良さそうですね。 それにしても海外製のものは、いい加減な製品多いですよね~

  2. Tanisan より:

    カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
    ちょっと車中泊の期間が空いたので、キャンカー、イジリをしてました♪
    きっと閉まらなくなって
    無理に開けてしまってそれから不具合発生。単純に壊してしまったんですね♪
    でも海外製のものばかりを使っていないで国産でこのあたりを作ってもらいたいですが、需要がなさそうですよね^^;
    海外製の状態は慣れてきましたが
    いつも「あれま!」という声が出てしまいます