冷蔵庫上部の収納棚の製作

こんにちは 自作家具作りが大好きなTanisanです。

長女からアパートで使う家具のオーダーが入りましたので作っておいてきました。簡単木工ですが、DIYですのでサイズだけはぴったりです。

簡単な図面を引きます

今回のは本当に簡単な棚なのでラフ図だけで充分でした。この先も同じ物を作ることが無いと思われましたので、あえてパソコンを使い「花子」で図面を書くことはしませんでした。

木工も図面を引くことがとても大事なので、長期戦になると予想される場合や今後また来ることがありそうな物は図面に起こしております。

いつもながらの圧着作業

2×6 SPF材は幅が140ミリしかないのでそれ以上の広い板を使う際には「板をはぎあわせて」広い板を作る必要があります。

その作業をしております。

私はちょっと道具がそろっていますので、クランプ総動員での作業となります。

一気に出来上がりました

ここまで来るとあとは切断して組み立てなので、簡単です。
部材さえそろえば、作業のほぼ7割は終わったも同然なので、一気に出来上がってしまいます。

娘からの要望でL字に組んでスペースを有効に利用して欲しいそうなので、このように。

仕上げも済んで使用してもらいました

塗装はいつものオスモを使いました。これが一番使いやすくて、私はもう他の選択肢はないくらいの勢いです。

実際に食器とかが収まり、スッキリとしていく娘のアパート。
狭いだけに、きっちりと収まる自作家具の効果は大きいと思います。

家具に生活を合わせるのでなく、生活あった家具を使いたいと自分は思います。

ここに自作家具、DIYの魅力があると思います。

2018.9.23完成 設置

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カズちん より:

    ぴったりサイズの家具が作れるのは、手作りの良いところですよね~(^_^)
    ぴったりサイズたと、見た目もバッチリで、しっかりマッチするのが良いところですよ~^^

  2. Tanisan より:

    カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
    このぴったりサイズの快感を覚えると、もう既製品の物は買えなくなってしまいますよね。
    スッキリと収まるこの快感。DIYの醍醐味ですね!