天板にタイルを埋めたローテーブルの製作

こんにちは (^o^)/~~~自作家具作りが好きなTanisanです。

娘のアパートにとローテーブルを作りました。その製作の過程をのせます。
娘の希望は
1)引き出しをひとつにて、片方はサッと雑誌を入れれるようにして欲しい
2)天板にタイルを埋め込んで欲しい。
3)天板の模様がランダムだとウレしい
なかなか沢山の要望があって、どうしようかと思い悩んだけど
何とか要望は全部入れることができた。ほっ。

まずは図面を起こしてみます

ローテーブルの図面はいつもの花子で書いて見ました。綺麗に仕上がりヤッパリ良いですね。おすすめです。

板をはぎあわせていきます

接合される面がキチンと合うように、手押しかんなで垂直を出します。いろいろと方法はあるのですが、今回はこの方法を使ってみました。

続いて圧着の場面です。

ここで使っているクランプが優れもので「Bessey K-BODY REVO 木工用クランプ」といわれるもので、綺麗に安定した圧着をしてくれる物で、仕上がりが良いですね。

平面にも狂いが出ないように2×4材で圧迫をします。

脚となる部材を作ります

脚となる部材はSPF材の1×材を2枚貼り合わせて作りました。サイズを合わせたあと2枚を貼り合わせて作りました。なるべく木目がそろうように似たような木目の物を使いました。

本体部分を組み立てました

足が出来たので本体部分を組み立てました。だんだんと形になってきてこれが楽しさを増していきます。木工は本当に楽しい。

組み立てはビスケットジョインターで仕上げております。とても簡単で良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カズちん より:

    リクエストに応じて作れるのも手作りの良いところですね~
    そのリクエストに合わせて作れるTanisanも凄いです!
    しかも、木以外のものを組み合わせて作るなんて凄いです!

  2. Tanisan より:

    カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
    リクエストに応えることが出来るようになったのも、実は最近のことです
    今回初めてタイルを使ってみましたが、これは結構楽しめますね

    木工旋盤がやってみたいところですが、この扉を開けると沼に入るとか。

    結構奥が深いようですね