DIYで家具を自作しよう

ずいぶん前に作った本棚。DIYの醍醐味を感じます

この本棚は2004年に作った物ですから、もうかれこれ15年も経っています。DIYでいろいろと自分の家で使う家具を作っていますが、自作家具が有るってとても幸せを感じてしまう。

年数こそ経っているけど、今でも愛着が一杯です。製作の様子を以前のホームペーに紹介していたのですが、自分の記録にもなるので再編集の上アップしていきます。

本棚の製作を始めました!

子供の雑誌が増えてきたので本棚を作ることになりました。いつも3枚図面からスタートです。幅、高さ、奥行きだけを書いた物からどんな感じに組み上がるかを書いていきます。

基本の構造がイメージできたら、部材を揃えていきます。ウッドデッキを作った関係で2×6材が沢山有るのでそれを利用していこうと考えた。バンドソーを使って安全に挽き割りを行う。

基本的にバンドソーは「挽き割りマシーン」ですから
安全に挽き割りができる。円形の簡易フェンスを利用して挽き割っていく。

これだと鋸歯の癖(ドリフト)もあまり気にすることもなくスイスイ。
どっちみちカンナで厚みを揃え、木肌も綺麗にしないといけないのであくまで、安全に挽き割りができれば目的は達成する。

ひとまず基本構造部材が完成した。

本が横から飛び出てしまっては本棚にはならない

角材ばかりで本棚を作ってみても、窓のように空いたところはどうしようか。
なんとかしないと本が外に出てきてしまう。これじゃ本棚にならん。

シナベニヤを枠の中にはめ込んでしまうのが一番簡単なのかもしれないけど、ほぞとの関係を考えると、きちんと溝を掘りきれるだろうかと自信をなくしてしまった。

このことがわかり、設計変更となった。

本が飛び出ないように「ほぞ加工」をする

角材で作る枠組みに、薄目の板で「すのこ状」に組んでいくことにした。でも、板の枚数を計算すると24枚にもなり、それに対してほぞ取りとほぞ穴加工をしないといけないわけで、長期戦になることがこの時点で決まった。

当時はまだ、スライドマルノコを持っていなかったので、テーブルソーBT3100で木口をそろえてと。。。

板が210×45×8ミリと短くて細いので、自作プッシャーを添えて寸法通りに切り出す。

やっと24枚を切り終え、さらにはめ込むほぞを作る。さすがに飽きてくる。
でも気を抜くと危ないので用心を重ねて。これにもBT3100は見事に答えて
くれた(o^^o)  頼もしい♪一発でキレイに決まってう~ん。満足!

子供が使う関係とあとから面がとれなくなるので組み立て前に3ミリの丸面で面をとる。
この写真は撮影用にモーターを止めていますが通常は左手で部材を支えます。

トリマーをマキタ3707FCに新調した時期だったので、ルーターテーブルをあえて使わずにトリマーを使って、4面に丸面をあてて、手触りを優しくします。

マキタ3707FCはすでに売却済み。現在はリョービTRE-55使用中。TRE-60Vを一度買ったが、ベースが不正確な作りなので返品しTRE-55に交換したので2台体制となっています。

安定したトリマー送りが出来るように横に添え木としてベニヤを固定しています。
コレがあるだけでとても材が安定してくれました。

24枚を4角すべてにトリミングをしましたがやっぱりいいですね。前のトリマー(マキタ3701)だったらきっと腕上がりですね(笑)

ほぞ組をしていきます

横板の仮組が終わりました。

2組で24枚の「ほぞ組」が終えて、「ふ~~っ」とため息のあと、うれしくて「ニマッ」としてしまいました。

一枚でも位置があっていないともう入らなくて、あわせてるうちに
違うところがはずれたりと半ばイライラながらの組み立てでした(^^ゞ

あ~疲れた。。。

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)