キャンピングカーの横で使いたいテーブルを作りました

DIYで家具を作ることとキャンピングカーが好きなTanisanです!こんにちは。

キャンピングカーでの過ごし方として、[すぐに使えてすぐに撤収]という要素が大事と思います。特に朝なんて、余り物を用意せずにさっさと済ませたい。こんなときに使用したい簡易テーブルを自作しました。軽くてお気に入りです。

サッと使って、サッとしまえる簡易テーブルが欲しい

出来たテーブルはこれです。大きさもほぼ48×41センチといったところですが、今回の狙いは、ごつくなくて、組み立てが面倒ではなくて、持ち運びが出来る物としました。
まずは、売っている物をチェックするけど、私の思いを叶えてくれる物は無くて、ヤッパリ作るしかないと。
真ん中には軽量化の為に、ポリカプラダンを使っています。さすがに熱い物を直接置いてしまうと溶けてしまうかも知れませんので、使用目的を考えたいところですが、この「透明」というのが良いのですよと、まだ使っていませんけど、何かしら開放感を出してくれそうですし、こういったテーブルってあまりないと思う。
ただ、天板が真っ平らではないので、取り扱いは考えないと行けないですが、もう小さい子どももいない、夫婦二りっこなので、その辺は工夫でなんとかします。かえって、テーブルのヘリから物が落ちなくて良いかもしれません。

朝食とか、出発前のひとときとかにどうでしょうか

実際に設置してみるとこういう感じになると思います。以前に作った木製椅子も台になってくれています。道の駅とかでこういった行為は出来ませんが、キャンプ場とかで「大体片付いたし、そろそろ行くかい? その前に少し休んでからにしよう」という場面に活躍しそうです。
または、夕食後、外でまったりしたいとかで、ちょっと雰囲気を出すのにランタンおいてみてますけど、こんなときに手軽で良いです。眠たくなったらサッサとしまってお休みなさいです。大きさも48×41で高さは33と手頃だから使い終わったら、まずはそのまましまい込みです。

イベントのときにも持って行けそうです

もうひとつ考えていたのは、持ち運べること。イベントのときとかに、椅子とちょっとした物を置くことが出来るテーブルがポイントになるような気がしていました。花火大会とか、お花見とか。地べたにおくのもイヤだし、持っているのもおっくうなので、このテーブルを持っていこうと思います。

構造部材は脚と天板の3個です

このようにコンパクトにまとまり、持ち手に手を入れて持って行けます。

重さは1.5kgほどで軽量です。会場に着いたら、ネジ4本で組み上がり、要所に簡単ですけど組み手を入れたので、ゆらゆらとすることはないです。材料も余った部材でつくって行きましたので、新たに買った物は無くてほぼゼロ。

そして使用しないときは、バンクベッドの上にでものせておこうかと思います。あまり深いところにしまうと使うのが面倒になってしまうので、サッと出せるバンクベッドの上が最適かと思います。

今度の休みに使ってみようっと!

皆さんもどうですか?作ってみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カズちん より:

    こんなにコンパクトにできて、いいですね~(^_^)
    これなら出し入れ、収納早くできて快適ですね。本当、羨ましい限り、いい作品ですね!

    • Tanisan より:

      カズちんさんこんにちは (^o^)/~~~
      早速見ていただきありがとうございます。
      まだ使ってみてはいないのですが、きっと良いのではないかと
      今から使うのが楽しみです

      木工は本当に楽しいですね。今年は少しキャンプをしてみたいので
      自作のキャンプギアを作ってみたいですね