DIYで家具を自作しよう

子供達のベッドは皆、私の自作です。なんだかうれしくなる家具です。

本体脚部の製作

 

平成28年5月12日(木)
本体脚部の製作に入ります。今回は下に収納性を持たせないといけないので、ベッド下に45センチの高さを持たせました。
脚部は色々と考えた中で、フレーム構造にしてみました。今回もビスケットジョインターを使っています。
全部で3組を作り仮置きをしてみました。
だんだんと形が見えてきて、良い感じ♪
加重もある程度かかるので、ちょっとだけ欠き取りを入れてみます。
たったこれだけのことですが、あると無いとでは全然強度が違ってきます。
本体部分が組み上がりましたが。まだ固定はしておりませんが、おおよその大きさも実感できております。

頭と足の部分の飾り付け部分を作っていきます。

框組みとなるので、トリマーにて溝を切っていきます。

トリマーワークも大部好きになってきました。トリマーと言えば、音はすごいし、ゴミも沢山。ものすごい回転で歯が回り、怖い物です。でもこの電動工具しか出来ないことが多すぎて、そして仕上がりにも大きく貢献してくれるので、楽しみたい工具ですね。

今使っているのは
リョービのTRE-55です。電子トリマーなので安定した回転とスロースタートで正確な作業ができて使っていて気持ちの良い工具です。今はこれが2台体制となって作業効率がアップしています。

フットボードの製作

平成28年5月16日(月)
フットボードは羽目板にしたかったので、ラベットビットを使って欠き取ります。
2種のベアリングを変えることで、隙間が出来て良い感じになります。
10ミリ厚に揃えた部材の両端にそれぞれ、9.5ミリと4ミリの段欠きを作ります。高さを揃えて合わせたときに目違いをなくすようにします。
全ての材ができあがり、仮組をしてみます。
段欠きだけでも、組み手を入れると仮組をすることが出来て、又とても楽しい物になります。パズルのように組み上がっていくのが楽しい。
接着と圧着をしたあとの様子です。
思っていたとおりに出来て大満足。
ちょっと大きさが大きいので、真ん中にズレ止めとデザイン性をかねて、一枚板を張り付けてみました。

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)